面接で成功するための自己アピール力!

あなたは転職を考えていますか?
厳しい雇用状況が続く現代社会ですが、あなた自身を評価してくれる転職のチャンスを待っておられる方も多いと思います。  そして、あなたに転職のチャンスが訪れたときに、そのチャンスを逃さないだけの準備を常日頃から心掛けることが大切です。

あなたが面接で好印象を与えるには、採用担当者から企業への貢献度を期待されるような人材であることを印象付けるための “ 自己アピール力 ” を最大限に発揮しなければなりません。
そして “ 自己アピール力 ” を最大限に発揮するためには、説得力のある具体的なエピソードや数字を絡めたアピールを効果的に散りばめる必要があります。 
つまり、あなたの一つ一つのセールスポイントに対して具体的なエピソードや実績につながる数字を添えることで、あなたの具体的な経験や実績を面接官に明確なビジョンとしてアピールすることができるのです。
そして、面接官にこう思わせましょう!
『 この人と一緒に仕事をしたい 』
『この人ならうちの会社が求める以上の貢献度を期待することができる!』
だらだらとした自己PRではなく、企業が求めている人材につながるようなセールスポイントを絞り込んだ “ 自己アピール力 ” を発揮することが最大の面接対策なのです。

面接に受かるための『自己分析の必要性』

面接に受かるためには、充実した応募書類 (履歴書・職務経歴書)や面接対策などの幅広いテクニックが求められます。  面接に限ったことではないですが、自分自身が描くビジョンを実現させるのに小手先のテクニックを磨くだけでは不十分だといえます。
採用担当者にあなたを知ってもらうには、あなたが自分自身を知る必要があるのです。

あなたは自分自身をどれほど知っていますか?
あなたが周りから評価されているところって何ですか? 反対に、あなたの弱点は?
あなたにとっての『転職の必要性』とは? 将来のビジョンは?

面接でどんな質問をされても、正確な自己分析ができる人は 『転職理由』 ・ 『志望動機』 ・ 『自己PR』 で矛盾することがありません。 つまり、『正確な自己分析』 は説得力のある一貫した回答をいつでも引き出すことができるアイテムといえるのではないでしょうか。
冷静で客観的な自己分析をすることは、応募先企業で能力を発揮するのに必要な人間関係や具体的な将来へのビジョンを築き上げるためのビジネススキルを幅広く底上げしてくれるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。